ご利用に際して Users’ Guide

利用上のご注意

乗用・荷物用・自動車用エレベーター

この記号は禁止の行為であることを告げるマークです。マークの近くに禁止内容が描かれています。
この記号は「危険」「警告」「注意」を促す内容があることを告げるマークです。マークの近くに具体的な注意内容が描かれています。
この記号は行為を強制したり、指示したりする内容を告げるマークです。マークの近くに具体的な強制・指示内容が描かれています。
乗用エレベーター
ドアの開閉時ドアに触れたり寄りかかったりしないでください
■安全装置が働き、途中で止ったり、故障の原因となります。
火災や震度4以上の地震のときは使用しないでください。
■けがや閉じ込めにつながることがありますので、必ず保護者の方が付き添って乗ってください。
荷物用エレベーター
ドアの開閉時ドアに触れたり寄りかかったりしないでください
■荷物はかご床、側面パネルの黄色線の内側に荷くずれしないように積んでください。
火災や震度4以上の地震のときは使用しないでください。
■このエレベーターは荷物専用に付き運転手または荷扱い者以外の使用はできません。
ドアに物をぶつけたり、はさんだりしないでください。
■荷物用で『フォークリフト等での荷扱い注意』のステッカーが貼ってあるエレベーターはその表示にしたがってください。
自動車用エレベーター
押しボタンをいたずらしないでください。
■各階出入り口に取り付いている『使用可能な車輌』説明板の高さ表示以下を厳守願います。■アンテナを下げてください。■キャリアを積んでいる車は特にご注意願います。
ドアにはさまれないよう注意してください。
■エレベーターの運転中、車が移動し、破損やケガをする恐れがあります。■車は正しい位置(車止め用ストッパー内)に停車してください。
ドアに物をぶつけたり、はさんだりしないでください。
■エレベーターのかごには、ドア・天井がついておりません。かごの外に転落し死亡事故につながります。
PAGE TOP